小物をうまく使えば、エルメスの世界はもっと広がっていく

有名なところでは、バッグにつけるカデナでしょう。
バーキンやケリー、ピコタンロックなどに使われているカデナは、様々なデザインのものがそろっています。
年ごとに違ったりしますが、ゴールドのカデナをつけかえるだけで、バッグの雰囲気を変えることができるのです。
他にも、キーチェーンやチャームもあります。
特に有名なのはロデオチャームでしょう。
馬具メーカーから始まったエルメスを象徴するロデオチャームは、大人気になりました。
カラーもいろいろとあり、バッグに合わせてみると、面白いでしょう。

ちょっと珍しいところでは、カップや靴べら、灰皿などもありますが、目を引くのはアクセサリー類です。
チョーカーやネックレス、ブレスレットは、バッグに合わせてつけてみると、華やかさに一役買ってくれます。
ピンブローチやイヤリングなどまでそろえれば、エルメスフリークでなくても、目を引くものとなることは間違いありません。

小物といえば、何もアクセサリー的なものだけではないのがエルメスです。
バッグのデザインと合わせることができるコインケースや財布もあります。
バッグの中に入れてあったらおしゃれなハンカチやタオルまで様々なのです。

>エルメスのバッグは安いものではありません。
こういった小物と組み合わせながら使っていくことができれば、バリエーションを増やしていくこともできるでしょう。
そういった提案をするのも、エルメスならではであるといえるのです。